福井の庭園デザイン・施工
MENU
CLOSE
  • トップ
  • コンセプト
  • ギャラリー
  • プライス
  • 和みについて
  • 新着情報
  • お問い合わせ
copyright Leonidas Inc.

新着情報

2020/1/26(日)

エクステリアのパース図面更新しました。

 

今回のお宅はこちら。

まさにシンプルイズザベスト。

余計なものは置かず、カーポートのみというシンプルさです。

今後ご家族の手によってどのようになっていくのか気になるところ。

 

 

 

今回のお宅はこちら。

まさにシンプルイズザベスト。

余計なものは置かず、カーポートのみというシンプルさです。

今後ご家族の手によってどのようになっていくのか気になるところ。

 

 

2020/1/25(土)

エクステリアのパース図面更新しました。

 

 

 

今回のお宅はこちら。

緑が大好きなご家族ということで敷地には高麗芝を敷き詰めました。

さらに玄関までのアプローチの石張りの間にもタマリュウという小さな草でふちどり。

細かなとこにもこだわりを感じるお宅となりました。

 

 

 

 

今回のお宅はこちら。

緑が大好きなご家族ということで敷地には高麗芝を敷き詰めました。

さらに玄関までのアプローチの石張りの間にもタマリュウという小さな草でふちどり。

細かなとこにもこだわりを感じるお宅となりました。

 

2020/1/22(水)

エクステリアのパース図面更新しました。

今回、新たにエクステリアのパース図面をご提案させていただきました。

 

 

 

おすすめは玄関アプローチ。

レンガブロックをアーチ状にして、コンクリートを洗い出し仕上にすることにより、

見た目と耐久性にこだわりました。

今回、新たにエクステリアのパース図面をご提案させていただきました。

 

 

 

おすすめは玄関アプローチ。

レンガブロックをアーチ状にして、コンクリートを洗い出し仕上にすることにより、

見た目と耐久性にこだわりました。

2020/1/21(火)

弊社は「キャッシュレス・ポイント還元事業」の対象店です!

2019年10月1日からの消費税率引き上げに伴う需要平準化対策として導入されました「キャッシュレス・ポイント還元事業」の対象店として認定されました。

現在、弊社ではpaypayでの対応のみとなっており50万円以下(paypayの一日上限)のお支払いにたいしては、ポイント還元いたします。

詳細は↓でご確認ください

https://paypay.ne.jp/event/cashless-meti/

2019年10月1日からの消費税率引き上げに伴う需要平準化対策として導入されました「キャッシュレス・ポイント還元事業」の対象店として認定されました。

現在、弊社ではpaypayでの対応のみとなっており50万円以下(paypayの一日上限)のお支払いにたいしては、ポイント還元いたします。

詳細は↓でご確認ください

https://paypay.ne.jp/event/cashless-meti/

2020/1/15(水)

高低差がある敷地のプランニング

本日は、高低差のあるエクステリアのプランニングのご紹介です。

高低差があると、どうしても駐車スペースや植栽の位置に制限がありますが、こちらは

排水の方向、カーポートの位置による玄関からの導線を考慮したプランニングとなりました。

実際、施主様はお子様を自宅のお庭で遊ばせたいとのことから、人工芝と天然芝のセットでプランニング

致しました!

本日は、高低差のあるエクステリアのプランニングのご紹介です。

高低差があると、どうしても駐車スペースや植栽の位置に制限がありますが、こちらは

排水の方向、カーポートの位置による玄関からの導線を考慮したプランニングとなりました。

実際、施主様はお子様を自宅のお庭で遊ばせたいとのことから、人工芝と天然芝のセットでプランニング

致しました!

2019/5/6(月)

ブロック塀 フェンスのメリット・デメリット

 

 

お客様とプランニングする時に

「フェンスとブロックどちらが安いですか?」と聞かれるのですが、

「どちらも値段は変わりません!!」

と答えます。

なぜなら、フェンスもブロックも材料により値段は様々で施工費自体も同じ高さ、同じ長さにすると

あまり値段は、変わらなくなるんです。

ですのでお客様が何を必要としているかをしっかり受け止めたうえで、最善のプランニングを心掛けています!

下記は、そんなフェンスとブロックのメリット・デメリットをまとめましたので参考にしていただければと思います




意匠性・防犯性・安全性について

1.意匠性

デザイン・庭作りを考えると大きな違いがあります。
敷地の内側に庭を造り室内から楽しむには、外から視線の心配のないブロック塀が良いでしょう。室内から開放的に見通せる庭を楽しむには敷地の外からのぞかれない塀が必要です。
反対に、道路側等敷地の外側から建物を装飾するようなガーデニングを楽しむには、見通しの良いフェンスが良いと言うことになります。


2.防犯性

最近は防犯性を第一に考える方が多くなりました。防犯性を考えると見通しの良いフェンスを選択される場合が多いといえます。
ブロック塀等外からの見通しが無く、防犯の心配がある箇所には赤外線センサー付きのフラッシュライト照明器具を設置し、対応する手段もあります。十数秒以上立ち止まると警報音を出すものもありますのでかなり効果を期待できます。

3.安全性

震災の避難時にブロック塀が倒壊して二次災害・・・と言う例もありますので、この点はフェンスが安全と言うことになるでしょう。
ブロック塀は、しっかりと鉄筋を入れた施工とし、高さにより控え補強を設置する配慮が必要です。

その他塀とフェンスの中間的なデザインとして・・・

イペ材等耐久性木材による板塀・目の粗いメッシュフェンスに生け垣を合わせて植栽するなど、防犯性の見通しと、塀としての遮蔽性を併せ持つデザインのものなど考慮されてはいかがでしようか。

以上、選択肢のご参考となれば幸いです。

 

 

お客様とプランニングする時に

「フェンスとブロックどちらが安いですか?」と聞かれるのですが、

「どちらも値段は変わりません!!」

と答えます。

なぜなら、フェンスもブロックも材料により値段は様々で施工費自体も同じ高さ、同じ長さにすると

あまり値段は、変わらなくなるんです。

ですのでお客様が何を必要としているかをしっかり受け止めたうえで、最善のプランニングを心掛けています!

下記は、そんなフェンスとブロックのメリット・デメリットをまとめましたので参考にしていただければと思います




意匠性・防犯性・安全性について

1.意匠性

デザイン・庭作りを考えると大きな違いがあります。
敷地の内側に庭を造り室内から楽しむには、外から視線の心配のないブロック塀が良いでしょう。室内から開放的に見通せる庭を楽しむには敷地の外からのぞかれない塀が必要です。
反対に、道路側等敷地の外側から建物を装飾するようなガーデニングを楽しむには、見通しの良いフェンスが良いと言うことになります。


2.防犯性

最近は防犯性を第一に考える方が多くなりました。防犯性を考えると見通しの良いフェンスを選択される場合が多いといえます。
ブロック塀等外からの見通しが無く、防犯の心配がある箇所には赤外線センサー付きのフラッシュライト照明器具を設置し、対応する手段もあります。十数秒以上立ち止まると警報音を出すものもありますのでかなり効果を期待できます。

3.安全性

震災の避難時にブロック塀が倒壊して二次災害・・・と言う例もありますので、この点はフェンスが安全と言うことになるでしょう。
ブロック塀は、しっかりと鉄筋を入れた施工とし、高さにより控え補強を設置する配慮が必要です。

その他塀とフェンスの中間的なデザインとして・・・

イペ材等耐久性木材による板塀・目の粗いメッシュフェンスに生け垣を合わせて植栽するなど、防犯性の見通しと、塀としての遮蔽性を併せ持つデザインのものなど考慮されてはいかがでしようか。

以上、選択肢のご参考となれば幸いです。

2019/5/5(日)

エクステリア ブロック基準に関して

皆さんGWいかがお過ごしでしょうか?

本日は、エクステリアにおける境界線ブロック、コンクリートブロック(CBブロック)のお話です。

建築基準法施工令(抜粋)
第3章第4節の2 補強コンクリートブロック造
(目地及び空洞部)


第62条の6 
コンクリートブロックは、その目地塗面の全部にモルタルが行きわたるように組積し、鉄筋を入れた空洞部及び縦目地に接する空洞部は、 モルタル又はコンクリートで埋めなければならない。
2補強コンクリートブロック造の耐力壁、門又は塀の縦筋は、コンクリートブロック空洞内で継いではならない。ただし、溶接接合その他これと同等以上 の強度を有する接合方法による場合においては、この限りではない。

(塀)
第62条の8
補強コンクリートブロック造の塀は、次の各号(高さ1.2m以下の塀にあっては、第五号及び第七号を除く)に定めるところによらなければ ならない。但し、国土交通大臣が定める規準に従った構造計算によって構造耐力上安全である事が確かめられた場合においては、この限りではない。
                   
 1.高さは2.2m以下とすること。
 2.塀の厚さは、15cm(高さ2m以下の塀にあっては、10cm)以上とする。
 3.壁頂及び基礎には横に、塀の端部及び隅角部には縦に、それぞれ径9mm以上の鉄筋を配置すること。
 4.壁内には、径9mm以上に鉄筋を縦横に80cm以下の間隔で配置すること。
 5.長さ3.4m以下ごとに、径9mm以上の鉄筋を配置した控壁で基礎の部分において壁面から高さの1/5以上突出したものを
   設けること。
 6.第三号及び第四号の規定により配置する鉄筋の末端は、かぎ状に折り曲げて、縦筋にあっては壁頂及び基礎の横筋に、
   横筋に あってはこれらの縦筋に、それぞれかぎ掛けして定着すること。
   ただし、縦筋をその径の40倍以上基礎に定着させる場合にあっては縦筋の末端は、基礎の 横筋にかぎ掛けしないことができる。
 7. 基礎の丈は35cm以上とし、根入れの深さは30cm以上とすること。

つまり、CBブロックの場合6段以上(1.2m)の高さが欲しいときには、控え壁が必要になります。

これはフェンスでも同様で、メーカー、種類によって基準は変わりますが、2m以上のフェンスを施工するときには控え柱が必要になることが多いです!

次回は、フェンスとブロックのメリット・デメリットを考えます(^^♪

 

皆さんGWいかがお過ごしでしょうか?

本日は、エクステリアにおける境界線ブロック、コンクリートブロック(CBブロック)のお話です。

建築基準法施工令(抜粋)
第3章第4節の2 補強コンクリートブロック造
(目地及び空洞部)


第62条の6 
コンクリートブロックは、その目地塗面の全部にモルタルが行きわたるように組積し、鉄筋を入れた空洞部及び縦目地に接する空洞部は、 モルタル又はコンクリートで埋めなければならない。
2補強コンクリートブロック造の耐力壁、門又は塀の縦筋は、コンクリートブロック空洞内で継いではならない。ただし、溶接接合その他これと同等以上 の強度を有する接合方法による場合においては、この限りではない。

(塀)
第62条の8
補強コンクリートブロック造の塀は、次の各号(高さ1.2m以下の塀にあっては、第五号及び第七号を除く)に定めるところによらなければ ならない。但し、国土交通大臣が定める規準に従った構造計算によって構造耐力上安全である事が確かめられた場合においては、この限りではない。
                   
 1.高さは2.2m以下とすること。
 2.塀の厚さは、15cm(高さ2m以下の塀にあっては、10cm)以上とする。
 3.壁頂及び基礎には横に、塀の端部及び隅角部には縦に、それぞれ径9mm以上の鉄筋を配置すること。
 4.壁内には、径9mm以上に鉄筋を縦横に80cm以下の間隔で配置すること。
 5.長さ3.4m以下ごとに、径9mm以上の鉄筋を配置した控壁で基礎の部分において壁面から高さの1/5以上突出したものを
   設けること。
 6.第三号及び第四号の規定により配置する鉄筋の末端は、かぎ状に折り曲げて、縦筋にあっては壁頂及び基礎の横筋に、
   横筋に あってはこれらの縦筋に、それぞれかぎ掛けして定着すること。
   ただし、縦筋をその径の40倍以上基礎に定着させる場合にあっては縦筋の末端は、基礎の 横筋にかぎ掛けしないことができる。
 7. 基礎の丈は35cm以上とし、根入れの深さは30cm以上とすること。

つまり、CBブロックの場合6段以上(1.2m)の高さが欲しいときには、控え壁が必要になります。

これはフェンスでも同様で、メーカー、種類によって基準は変わりますが、2m以上のフェンスを施工するときには控え柱が必要になることが多いです!

次回は、フェンスとブロックのメリット・デメリットを考えます(^^♪

 

2019/5/3(金)

エクステリアと外構の違いとは?

「エクステリア」や「外構」といった言葉を聞いたことのある人も多いですよね。どちらも敷地内にある家の外側に関する言葉です。ではこの二つの言葉にどんな違いがあるのか? 

まずはこの基本から押さえて考えていきましょう!

エクステリアとは、家の外側の空間を捉えた言葉で、エクステリアの対になる言葉がインテリアですが、それと比較すると想像しやすいかも知れません。インテリアというとテーブルやソファ、テレビ、時計……といろいろなものを含んだ空間を指しますよね。同様にエクステリアも門やフェンス、カーポートなど、家の外部を構成するものを含んだ空間を捉えた言葉です。

一方の「外構」とは、門やフェンス、カーポートといった家の外側を構成する構造物そのものを指す言葉であり、

つまり「エクステリア」を構成するのがいくつもの「外構」という言い方ができます。

 

ではエクステリアを考える上で大切なのはどのようなことでしょう。それは「どういう風に家の外側を使いたいか」ということです。

これもインテリアに例えてみましょう。リビングのインテリアを考える際に、まずリビングをどんな風に使いたいか、を考えれば、それに必要なものや配置が分かりますよね。家族がくつろげるようにしたいならテレビや大きなソファが必要ですし、子どもがリビングで勉強できるようにしたいなら、そのためのテーブルが必要になります。またリビングのカタチやドアの位置などで配置も変わります。

エクステリアも同様に車や自転車を何台とめたいのか、子どもが遊べるような場所が必要なら芝生か? あるいはデッキか? 動線や外部の敷地のカタチ、玄関などの位置などを考えて門やフェンスといった外構を配置するように考えることが大切です。

なお、注意したいのが工期です。「エクステリア工事は雨や雪が降ると工事ができないものがあるなど、天候に左右されます。また植栽では樹木の種類によって植えるのに適している時期があります。そのためエクステリアの工事は、工期に余裕をもって検討することが大切です」

「エクステリア」や「外構」といった言葉を聞いたことのある人も多いですよね。どちらも敷地内にある家の外側に関する言葉です。ではこの二つの言葉にどんな違いがあるのか? 

まずはこの基本から押さえて考えていきましょう!

エクステリアとは、家の外側の空間を捉えた言葉で、エクステリアの対になる言葉がインテリアですが、それと比較すると想像しやすいかも知れません。インテリアというとテーブルやソファ、テレビ、時計……といろいろなものを含んだ空間を指しますよね。同様にエクステリアも門やフェンス、カーポートなど、家の外部を構成するものを含んだ空間を捉えた言葉です。

一方の「外構」とは、門やフェンス、カーポートといった家の外側を構成する構造物そのものを指す言葉であり、

つまり「エクステリア」を構成するのがいくつもの「外構」という言い方ができます。

 

ではエクステリアを考える上で大切なのはどのようなことでしょう。それは「どういう風に家の外側を使いたいか」ということです。

これもインテリアに例えてみましょう。リビングのインテリアを考える際に、まずリビングをどんな風に使いたいか、を考えれば、それに必要なものや配置が分かりますよね。家族がくつろげるようにしたいならテレビや大きなソファが必要ですし、子どもがリビングで勉強できるようにしたいなら、そのためのテーブルが必要になります。またリビングのカタチやドアの位置などで配置も変わります。

エクステリアも同様に車や自転車を何台とめたいのか、子どもが遊べるような場所が必要なら芝生か? あるいはデッキか? 動線や外部の敷地のカタチ、玄関などの位置などを考えて門やフェンスといった外構を配置するように考えることが大切です。

なお、注意したいのが工期です。「エクステリア工事は雨や雪が降ると工事ができないものがあるなど、天候に左右されます。また植栽では樹木の種類によって植えるのに適している時期があります。そのためエクステリアの工事は、工期に余裕をもって検討することが大切です」

2019/4/17(水)

2019年10月から消費税10% 経過措置は終了のご案内

 2019年10月1日から消費税が上がります!

 ただ、エクステリア、外構・住宅・リフォーム工事などはご契約から施工、引き渡しまで時間が掛かる事が多いため、

 特例措置が設けられてます。

 増税前8%の消費税で施工を行うには、2019年9月30日までに引き渡しをする、もしくは2019年3月31日までに契約を済ませる必要があります。

 つまり、2019年3月31日までに契約を済ませれば、引き渡し(着金)が2019年10月1日以降になっても8%が適用されます。

 (基本、目安ですがエクステリア工事は施工開始から2週間~1ヶ月必要です。)

 

エクステリアは、駆け込みにより材料が品薄で納品が遅れたり、天気仕事なので段取りの都合がつかない等、

予定していた施工日より日数が掛かる可能性があります。(なるべく頑張ります!)

是非是非、早めのご契約をオススメします。2019年4月以降の契約になってしまった場合でも、

早めのご契約で2019年9月中にお引き渡し(着金)ができれば8%で受注致します。

 2019年10月1日から消費税が上がります!

 ただ、エクステリア、外構・住宅・リフォーム工事などはご契約から施工、引き渡しまで時間が掛かる事が多いため、

 特例措置が設けられてます。

 増税前8%の消費税で施工を行うには、2019年9月30日までに引き渡しをする、もしくは2019年3月31日までに契約を済ませる必要があります。

 つまり、2019年3月31日までに契約を済ませれば、引き渡し(着金)が2019年10月1日以降になっても8%が適用されます。

 (基本、目安ですがエクステリア工事は施工開始から2週間~1ヶ月必要です。)

 

エクステリアは、駆け込みにより材料が品薄で納品が遅れたり、天気仕事なので段取りの都合がつかない等、

予定していた施工日より日数が掛かる可能性があります。(なるべく頑張ります!)

是非是非、早めのご契約をオススメします。2019年4月以降の契約になってしまった場合でも、

早めのご契約で2019年9月中にお引き渡し(着金)ができれば8%で受注致します。

2019/4/16(火)

ゆりの里にエクステリアコーナー設置

皆様!

我々「緑庭 和み」は坂井市にあります、ゆりの里様公園内に

エクステリア相談ブース(予約制)を設けました。

今からバラ、そして6月からはゆりが見頃となっております。

そんな花に囲まれた中でお庭の提案はいかがでしょうか?

緑庭和み エクステリア相談ブース

完全予約制 tel 0776-51-0836 時間 9:00-17:00

(エクステリアスタッフは常時おりませんので来られる前にお電話ください。)

〒919-0483 福井県坂井市春江町石塚21-2-3 ユリーム館内

http://www.yurinosato.com/

 

 

皆様!

我々「緑庭 和み」は坂井市にあります、ゆりの里様公園内に

エクステリア相談ブース(予約制)を設けました。

今からバラ、そして6月からはゆりが見頃となっております。

そんな花に囲まれた中でお庭の提案はいかがでしょうか?

緑庭和み エクステリア相談ブース

完全予約制 tel 0776-51-0836 時間 9:00-17:00

(エクステリアスタッフは常時おりませんので来られる前にお電話ください。)

〒919-0483 福井県坂井市春江町石塚21-2-3 ユリーム館内

http://www.yurinosato.com/

 

 

和み
ページTOPへ
お問い合わせ
Copyright 2020 Nagomi All Rights Reserved.
powered by cheltenham software